特許と実用新案の違いってなんだろう?

小発明(考案)を保護する実用新案法

「特許」と言えば、みなさんご存知でしょう。「大発明をして特許をとった」などという話を聞いたことがあるかもしれません。 一方で、実用新案という言葉を聞いたことがあるでしょうか?耳慣れない言葉かもしれませんね。

特許権が高度な大発明を保護するものであるとしたら、実用新案権は、小発明(考案)を保護するものです。

特許を取得するためには、高度な発明である必要がありますが、実用新案の場合、高度性は求められません。日用品や実用品などのちょっとした発明であっても、権利を取得することができます。

また、実用新案権は、特許権に比べて審査も簡単で、料金も安いです。なので、個人発明家や主婦の方など初期費用を押さえたいと思っている方には、実用新案権の取得をお勧めします。

実用新案登録の審査は、形式的な審査のみで、実体的な審査は行われません。実用新案登録は無審査登録主義を採用しており、形式に従って出願すれば大概が登録できます。

登録までの期間も早く、早期に権利化を望んでいる場合には、実用新案権を取得することがお勧めです。

ただし実用新案権は、比較的容易に権利化が望める分、権利行使の際に条件があります。

詳しくは、権利行使 のページをご覧ください。

小発明(考案)


「考案」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作をいう。法2条1項には、このように定義されています。

また「考案」は、物品の形状、構造又は組合せに係るものである必要があります。

そのため、出願の際には、物品の形状等の理解を容易にするため、必ず図面を添付する必要があります。